トップ > 施工事例

施工事例

ヴィトン/ショルダーバックのほつれ(破れ)修理/縫製修理の御依頼が鹿児島市慈眼寺よりございました。

2014.11.08

ヴィトン/ショルダーバックのほつれ(破れ)修理/縫製修理の御依頼が鹿児島市慈眼寺よりございました。

みなさん、こんばんわ。 「新婚旅行の韓国で買った思い出のヴィトンバック、ちょこっと縫製が取れてきたんだけど、メーカーに頼もうとしたら○万円と言われた・・・」 というようなご経験ございませんか?? 鹿児島中央店の山里です。   今日の施工ブログは、そんな若き住宅関係の経営者からのご依頼分になります。   では、早速ビフォア-/アフターをご覧ください。   【ビフォア】 ……[続きを読む]

クラッチバッグの内袋交換

2014.06.12

クラッチバッグの内袋交換

革研究所 東京 板橋店 佐々木です。   今回ご紹介するのはバッグの内袋交換の施工例です。 バッグの内側の劣化でお困りではありませんか? 本革バッグでも内袋や内張りの素材は合皮が使われているものがあります。 合成皮革は本革よりも早く劣化します。 使用回数が少なくても合皮部分の塗装がベタベタになり、 さらに劣化が進むとボロボロはがれてきます。 特に日本の高温多湿な夏の間、押し入れやクローゼ……[続きを読む]

ルイヴィトン モノグラム 内袋交換

2013.10.22

ルイヴィトン モノグラム 内袋交換

本日はルイヴィトン トートバッグの内袋交換 バッグの中身がボロボロ剥がれ使えない状態 ブランドバッグではよくある現象です。 内張りは合皮を使っているタイプが多く ねちゃついたり、ボロボロに剥がれたりと 使えなく困っておられる方は大変多いと思います。 革研究所では内袋・内張りを交換しきれいに復元させます。 また合皮を張ると同じ状態になるので、布地や本……[続きを読む]

内袋 ベトベト 合皮 交換 エナメル 色移り 修理 

2013.07.18

内袋 ベトベト 合皮 交換 エナメル 色移り 修理 

皆様 こんばんは、名古屋東店のスヤマでございます。   暑くてベトベトしますよね! バッグの中も、ベトベトしてしまうんですよね!   内側の合成皮革が、湿気によりベトベトになってしまったバッグの 内袋交換の施工でございます。 【施工写真    Before/After】     ……[続きを読む]

ルイ・ヴィトンのバケツタイプの内袋ってどうですか??

2011.10.11

ルイ・ヴィトンのバケツタイプの内袋ってどうですか??

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 今回の施工事例は最近常に受注を受けている修復事例です。 ルイ・ヴィトンモノグラムのバケツタイプのバックの内袋劣化です。 上記の写真のように合成皮革は塗料がポロポロと剥がれ落ちてきている現象が多発しております。 何故こうなるの?と良くお電話などでも質問されますが、答えはヨーロッパ製の塗料が日本の気候に合っていないことが……[続きを読む]

ルイ・ヴィトンバックの内側革張り(内袋)交換

2011.01.17

ルイ・ヴィトンバックの内側革張り(内袋)交換

今回の施工事例紹介はルイ・ヴィトン等のブランドバックの内側革張りの全交換の紹介です。 弊社では、劣化した内張りはべたつきや皮革がボロボロと落ちてくような現象はありませんか? 上記のような現象で弊社にもご依頼を沢山いただきます。 高価なブランドバックでもほとんどが裏地に本革を使用せず、合皮を使用しているみたいです。 その為、やはり劣化も早く使えなくなっているようです。 ……[続きを読む]

カテゴリー

アーカイブ

縫製修理

ソファー張替え修理

革製品メンテナンス用品

  • 加盟店募集 イメージ1
  • 加盟店募集 イメージ2
  • 加盟店募集 イメージ3
  • 加盟店募集 イメージ4
  • 加盟店募集 イメージ5
  • 加盟店募集 イメージ6

加盟店募集

革研究所では全国に加盟店を募集しております。技術指導や営業ノウハウもしっかり研修にてマスターしていただきます。全ての人の身近にある「革」の修理という業態ですのでやり方次第ではしっかりと売上を上げる事が可能です。もちろんわからない事や不安な事は本部のスタッフがしっかりサポートいたします。

詳しくはこちら

PAGE TOP