トップ > 施工事例

施工事例

ルイヴィトン モノグラム 内袋交換

2013.10.22

ルイヴィトン モノグラム 内袋交換

本日はルイヴィトン トートバッグの内袋交換 バッグの中身がボロボロ剥がれ使えない状態 ブランドバッグではよくある現象です。 内張りは合皮を使っているタイプが多く ねちゃついたり、ボロボロに剥がれたりと 使えなく困っておられる方は大変多いと思います。 革研究所では内袋・内張りを交換しきれいに復元させます。 また合皮を張ると同じ状態になるので、布地や本……[続きを読む]

ルイ ヴィトン モノグラム バック ヌメ革 修理

2013.05.14

ルイ ヴィトン モノグラム バック ヌメ革 修理

こんにちは。 革研究所神戸店でございます。   今回のご紹介は、ルイ・ヴィトン モノグラム ハンドバックの修理です。 箇所はヌメ革素材を使われたハンドル(持ち手)、側面、底部分です。 お客様のご希望により、バック底部分のヌメ革色に調整しています。   <写真 before / after>   ……[続きを読む]

モノグラムのお財布修理専門店。早期にお手入れをすることで永く使えます。

2012.03.07

モノグラムのお財布修理専門店。早期にお手入れをすることで永く使えます。

今回の施工事例はこちらです。 今まで施工受注は多かったのですが、ほとんど掲載していなかったルイ・ヴィトンのモノグラムの本革部分の擦れや傷そして塗料ハゲの修復をご紹介いたします。 このような何時でいわゆるパイピング部分の擦れ傷でお困りの方も多いはずです。 このような状態になってもご安心ください。 部分補修で安価に補修が可能です。 仕上がりはこのような感じになりま……[続きを読む]

ルイ・ヴィトンモノグラムラインバックのヌメ革部分のシミ!気になりませんか?

2011.08.19

ルイ・ヴィトンモノグラムラインバックのヌメ革部分のシミ!気になりませんか?

今回の施工事例はこちらです。 一家に一つはあるんじゃないですか?ルイ・ヴィトンのモノグラムライン! こちらのバックのヌメ革部分のシミ補修です。 ヌメ革にシミが入ってしまうとシミ抜き施工はほとんどと言っていい程無理に近いと思われます。 シミが入った段階で早期に手入れをしていると話は変わりますが・・・ しかし、諦めないでください。 結構綺麗に修復でき……[続きを読む]

Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)の持ち手のべたつき補修

2011.02.15

Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)の持ち手のべたつき補修

今回の施工事例はルイ・ヴィトンのエピの持ち手部分のべたつき補修です。 弊社のブログでも良くご紹介させて頂いているヨーロッパブランドの弱点はヨーロッパ製塗料は日本の環境に弱く、べたつきが発生し易いということです。 例えば、 この様になっている方はいませんか? べたつきが発生した結果そのべたつきで手あかがつき黒ずんでしまっている状態! こうなると高……[続きを読む]

ルイ・ヴィトンダミエの長財布の縫い補修

2011.01.24

ルイ・ヴィトンダミエの長財布の縫い補修

今回の補修紹介は、ルイ・ヴィトンのダミエラインの縫い補修です。 この部分です。 Dカン取り付け部分が破れて今にも取れそうになっております。 こちらを新しい革に取り換えてカラー合わせを行い完了です。 こんな感じに仕上がりました。 どうでしょう?また永く使って頂けるのではないでしょうか。 こちらの縫い補修で¥3,000~となっております。 ……[続きを読む]

カテゴリー

アーカイブ

縫製修理

ソファー張替え修理

革製品メンテナンス用品

  • 加盟店募集 イメージ1
  • 加盟店募集 イメージ2
  • 加盟店募集 イメージ3
  • 加盟店募集 イメージ4
  • 加盟店募集 イメージ5
  • 加盟店募集 イメージ6

加盟店募集

革研究所では全国に加盟店を募集しております。技術指導や営業ノウハウもしっかり研修にてマスターしていただきます。全ての人の身近にある「革」の修理という業態ですのでやり方次第ではしっかりと売上を上げる事が可能です。もちろんわからない事や不安な事は本部のスタッフがしっかりサポートいたします。

詳しくはこちら

PAGE TOP