トップ > TOPICS

TOPICS

Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)の持ち手のべたつき補修

2011.02.15

今回の施工事例はルイ・ヴィトンのエピの持ち手部分のべたつき補修です。 弊社のブログでも良くご紹介させて頂いているヨーロッパブランドの弱点はヨーロッパ製塗料は日本の環境に弱く、べたつきが発生し易いということです。 例えば、 この様になっている方はいませんか? べたつきが発生した結果そのべたつきで手あかがつき黒ずんでしまっている状態! こうなると高級ブランドも台無しでは無いでしょうか・・・ そこで弊社のリペアで修復してみてはいかがですか? こんな感じに生まれ変わります。 新品同様に生まれ変わります。 ちなみにこちらの施工方法は、しっかりとクリーニングを行い初めに塗布されている塗料を剥離します。 次に新しい皮革下地を塗料にて作成いたします。最後にトップコーティングを施し再発を防止します。 こちらの施工価格は¥7,000で承っております。 ご依頼は下記からどうぞ ひやかしでも構いません一度ご相談ください!

全てを見る

カテゴリー

アーカイブ

縫製修理

ソファー張替え修理

革製品メンテナンス用品

  • 加盟店募集 イメージ1
  • 加盟店募集 イメージ2
  • 加盟店募集 イメージ3
  • 加盟店募集 イメージ4
  • 加盟店募集 イメージ5
  • 加盟店募集 イメージ6

加盟店募集

革研究所では全国に加盟店を募集しております。技術指導や営業ノウハウもしっかり研修にてマスターしていただきます。全ての人の身近にある「革」の修理という業態ですのでやり方次第ではしっかりと売上を上げる事が可能です。もちろんわからない事や不安な事は本部のスタッフがしっかりサポートいたします。

詳しくはこちら

PAGE TOP