cleaner_main

『クラウンレザークリーナー』とは?

バックや靴、そしてソファー、車のシートなど様々な皮革製品に対して表面の汚れを除去 するクリーナーです。
また、保湿も同時に行い、皮革製品にとっていい状態を保つ、プロショップが実際に使用 しているクリーナーです。

クリーナー使用ビフォーアフター

maintenance_main

maintenance_main2

『クラウンレザークリーナー』ができるまで

SONY DSC

革研究所では、毎日たくさんの修理品が工房に全国各地から送られてきます。
そして、今までたくさんの修理・修復をさせていただいたのですが、
お客様にお返しする 際に必ずと言っていいほど「せっかく綺麗になったから今度はこの綺麗な状態を維持したいね!
お手入れはどうすればいいの?」って聞かれます。
その度に、「汚れたり劣化した場合は革研究所にお送りください」と伝えておりました。
しかし、何とかご自宅で革研究所が行うクリーニングを簡単にできないか?
と考えてでき たのが『クラウンレザークリーナー』です。
ご自宅で簡単に革製品のお手入れができる革製品にとって最適なクリーナーです。

クラウンレザークリーナー(皮革製品用)

leather_cleaner20150512

オレンジ、レモン等の柑橘類に含まれる精油成分を主成分とする天然由来の皮革製品用天然植物性洗剤

[使用用途] 皮革ソファ、皮革バッグ、皮革靴、皮革シート等の皮革製品
[特徴] 主成分である柑橘類の精油成分(d-リモネン)は、香料、入浴剤等に使用されており強力な洗浄成分が有り、
皮革製品のクリーナーとして適しております。
また、保湿成分(ラノリン)の配合により、皮革成分の乾燥、ひび割れを防ぐ効果もあります。

[ご使用方法] 布やスポンジ等に十分含ませ、やさしく塗布してご使用ください。汚れがひどい場合は、
クリーナーをスプレー等で散布し柔らかいブラシ等でブラッシングするか
汚れ部分にクリーナーを直接振りかけ数分放置した後に拭き取ってください。
素材劣化状態により染みになる可能性がありますので目立たない部分で試し拭きをしてからご使用ください。

成分: d-リモネン、界面活性剤、ラノリン、水
内容量:Mサイズバッグ約1個分相当・容量30ml(当店規定)
税抜き1,000円
原産国:日本製

ご購入はこちら>>

クラウンレザーオイル(皮革製品用)

leather_oil20150512

皮革製品の保湿メンテナンスに最適な皮革製品用保湿オイル

[使用用途] 皮革ソファ、皮革バッグ、皮革靴、皮革シート等の皮革製品
[特徴] 保湿オイルを塗布する事によりオイルが浸透し柔軟性を革に付与させることができ、
シボを細かくさせる効果も発揮するためソフト感が向上します。
その為、バックやソファー等のメンテナンスに最適です。

[使用方法] 目立たない部分でお試しください。
使用前に必ず容器を振って攪拌してからご使用ください。
布やスポンジ等に十分含ませ汚れをやさしく塗布してご使用ください。
保湿オイルは水での希釈が自由に出来ますので仕上げる革によって調整してください。

内容量:Mサイズバッグ約1個分相当・容量30ml(当店規定)
税抜き1,000円
原産国:日本製

ご購入はこちら>>

クラウンメンテナンスキット

クリーナー・オイル・スポンジ・クロス・お手入れ方法マニュアルのセット

maintenance_kit

[内容] 革製品のメンテナンスに必要なクリーナー・オイル・スポンジ・クロス・お手入れ方法マニュアルをセットにした商品です。
革研究所で修理したあとは、メンテナンスキットでしっかりとクリーニング、保湿を行うことで長く使うことができます。

内容量:クリーナー・オイルともに容量150ml(当店規定)
税抜き5,000円
原産国:日本製

ご購入はこちら>>

使用上の注意

  • 本製品は全ての汚れをクリーニング出来ることをお約束するものではございません。素材の汚れ等により効果には差が出ます。
  • 皮革表面が褪色している場合や、皮革表面が擦れたり、傷ついている場合は、皮革表面の汚れではないので、本製品でそれを除去出来るものではございません。
  • エナメル加工やガラス加工された皮革製品の皮革表面の汚れを除去することはできますが、加工された皮革表面が白く曇っている場合や変色している場合は、皮革表面の汚れではなく、表面加工の劣化や剥離、傷などが原因であり、本製品を使用しても加工表面の光沢が戻ることはございません。
  • 色移りして変色した皮革製品は、色移りが原因でその部分が染色されてしまっているため、汚れとは異なり、本製品を使用してもオリジナルカラーが復元することはございません。
  • デリケートな仕上げを施している皮革もあるため、皮革表面を強く擦りすぎないよう注意して下さい。