本革ソファーは保湿性・通気性に優れていて、伸びるという特性を持っているため、体へフィットしていきます。そのフィット感がとても座り心地が良いと人気 です。そんな本革ソファーは長く使用すればするほど馴染みが良くなりさらに魅力的なものになります。本革ソファーを長く使用するコツとはどのようなものが あるのでしょうか。

購入したらすぐに保湿オイルを塗る

購入してすぐに保湿オイルを塗っておくとキズなどがつきにくくなります。なかには、オイルで色落ちするソファーもあるので、目立たないところで試し塗りを してから全体を塗るようにしましょう。オイルの薄膜ができ、汚れやシミなどから革を守ってくれます。その後のメンテナンスが楽になるのでおすすめです。

日々お手入れをする

本革は、生き物のように呼吸しています。毎日ほこりやチリなどを掃除機で吸い取ってあげましょう。掃除機にブラシが付属しているのでしたら、それを使用す ることをおすすめします。ブラシで優しく吸い取るとキズがつきにくくなります。定期的にレザークリーナーを使用して汚れを落として、保湿オイルを塗りま しょう。

劣化したら専門店へ

丁寧にお手入れをしていても、いつかは劣化します。長い間使用しているとヒビ割れ、色あせなど様々な劣化が見られるようになるでしょう。本革ソファーはリ ペアを繰り返しながら長く使用できます。革の表面がキズついたり、ヒビ割れが発生したらメンテナンス専門家にお任せしましょう。

革研究所では、革製品のリペア、クリーニング、ソファーの張替えを承っております。革ソファーだけでなく革バッグや財布、自動車のシートなどの補修、修 理、クリーニングなどもお任せください。気になることがございましたらお気軽にご相談ください。