バッグ、財布、靴、ブーツ、ソファーなど様々な革製品に使われているのが「牛革」です。
その牛革にも様々な種類があります。

カーフスキン

生後6か月以内の子牛からつくる革です。繊細でキメ細か、そして傷も少ない薄めの革です。生産量が少なく取れる面積も少ないため、希少価値が高いです。
特に生後3か月以内の牛を使った革は「ベビーカーフ」と呼ばれ、さらに希少性が高くなり、最高級品とされています。

キップスキン

生後2年以内の牛からつくる革です。質が良く、様々な有名ブランドで使われています。カーフより厚みがあり丈夫な革になります。

ステアハイド

生後3か月~6か月の間に去勢した生後2年以上の雄牛の革です。去勢をした雄牛は温厚になるので、他の雄牛と喧嘩して傷がついてしまわないように去勢します。成長した牛からつくれる革の量は大きく、バッグやソファーなど様々な革製品の材料に使われます。

カウハイド

出産経験のある、生後2年以上の牝牛からつくった革です。
キメが細かく、ステアハイドよりも薄く柔らかい質感です。出産したことがあるので腹部の皮は伸びやすくなっています。カウハイドも取れる量が多く、靴やバッグ、服やソファーなど様々な革製品に使用されます。

ブルハイド

生後3年以上の雄牛からつくる革です。厚く丈夫で耐久性に優れています。傷などがある場合がありますが、ひとつひとつ違う革製品の特徴でもあるので、製品によってはデザインを引き立ててくれます。

このように牛革だけでたくさんの種類がある革製品は、奥が深く興味がつきません。
長く使うことで風合いが出てくる革製品ですが、雑に扱い、普段のお手入れやクリーニングを怠ってしまうと、劣化し、風合いとは言い難い汚れがついてしまいます。

革研究所ではそんなブランドバッグや財布、靴や洋服、椅子やソファーなどの革製品クリーニングを請け負っております。大切な革製品が蘇ったとお客様からの評判も良い革研究所のクリーニングを試してみたい方、クリーニング後のご自宅でのお手入れ方法やクリーニング方法の相談も受けますのでお気軽にご連絡ください。