女性用ハンドバッグの部分革修理

みなさま、革研究所大津店です。

今回ご紹介させて頂きますのは、小型のハンドバッグの部分修理です。

 

バッグの底の角部分はどうしてもスレ傷がついてしまいます。

また、持ち手の金具が擦れて傷がついていましたので、部分的に傷修理を行いました。

傷部分の毛羽立ちをスポンジペーパーで研磨してきれいにしてから、全体のキャメル色に合わせて着色して、

色止めコーティングを行い仕上げました。

 

Before

 

0050_20150606_b01

 

0050_20150606_b03

 

0050_20150606_b05

After

 

0050_20150606_a01

 

0050_20150606_a03

 

0050_20150606_a05

ご覧ください。

スレ傷がついていた部分はほとんどわからないぐらいにきれいになりました。

部分修理から全体染め直し、カラーチェンジなど革修理のことなら

お気軽にご相談ください。