長年ご愛用の箱型のショルダーバッグのひび割れとキズ修理

みなさま、革研究所大津店です。

今回ご紹介させて頂きますのは、箱型のショルダーバッグのひび割れとキズの修理です。

大津市にお住まいのお客様からのご依頼で、20年ぐらい前からご愛用されているバッグとのことです。

旅行に行かれる時に使われていたそうで、ひび割れがあり、キズが多くついてしまっているので、

きれいにできないかとのご依頼を頂き、修理させて頂きました。

 

Before

 

0039_20150526_b01

0039_20150526_b07

0039_20150526_b09

0039_20150526_b011

After

 

0039_20150526_a01

0039_20150526_a07

0039_20150526_a09

0039_20150526_a11

特に持ち手とショルダーベルトは乾燥して、革が硬くなりひび割れが多く有りましたので

革専用の樹脂でひび割れを埋めてから染め直しました。角部分や表面のスレ傷、引っかけたようなキズも深いものは樹脂で埋め、

小さなキズはヤスリできれいに磨きあげてキズ修理を行い染め直しました。

 

ご愛用の革製品のキズ、ひび割れ、染め直しなどでお困りの方は

お気軽に革研究所大津店にご相談ください。お待ちしております。