GUCCI(グッチ)のバッグ内側のベタつきによる内袋交換

みなさま、革研究所大津店です。

今回ご紹介させて頂きますのは、GUCCI(グッチ)のバッグの内袋の交換です。

 

バッグの内側がベタベタになり、粉状のものがボロボロと剥がれてきて中に入れていた

お財布やハンカチ、携帯電話などにベタベタの粉が付着してお困りになられたご経験はございませんか?

バッグやお財布の内側は合成皮革やビニール素材を使用されていることが多く、

湿気や乾燥などが原因で劣化してベタつきや粉が出てきたりします。

このような状態になると修理では完全に修復することが難しいため、布地で内袋を交換させて頂くことをお薦めしています。

 

 0023_20150420_a01

 

Before 

0023_20150420_b01

 

0023_20150420_b03

After 

0023_20150420_a03

 

0023_20150420_a05

 

今回はシャンタン生地でもともとあったポケットも付けて交換させて頂きました。

もちろん本革での交換も可能です。

 

クリーニング、傷修理、染め直しに限らず、破れ縫製、ファスナー交換、内袋交換など

革製品についてお困りのことがございましたら、お気軽にお問合せください。

 

 

革研究所 大津店

〒520-0821 滋賀県大津市湖城が丘22-3

TEL/FAX:077-535-8518

E-mail :support-ootsu@kawa-kenkyujyo.net

URL   :http://kawa-kenkyujyo.net/