亡き母の思い出のバッグ 修理、染直し致しました。

今日から2泊3日で娘が緑の学校に行きます。

どんな顔で帰ってくるか楽しみな 神谷です。

 

今回紹介するのは亡きお母様のバッグです。

譲り受けいつか使おうととってあったのですが

スレ傷が気になりタンスにしまってあったそうです。

 

ポスティングで当店のことを知りご依頼いただきました。

 

持ち手と4つ角のスレ傷が気になり、全体的に色が

くすんでいました。

 

非常に薄い革だったため柔らかさを保ち染直ししました。

 

引き渡し後、百貨店にそのバッグを持って買い物に

行ったところ店員さんから「綺麗にお使いですね」と言われ

うれしくなったそうです。

 

お客様の声をいただきました。ありがとうございます。

 

ここで一句    帰りには  思い出詰める  バッグかな    お粗末

 

Before After
CIMG1500 CIMG1567
CIMG1508 CIMG1576
CIMG1509 CIMG1577

 

koe

愚妻の実母が長年使用したハンドバッグの為に、四隅の擦り切れ他、使用を思止どまらせる

傷が多く、廃棄する寸前でした。今次の再生で亡母の遺品として使う楽しみが出たと喜んで

います。又財布は新品同様の手触りが戻り感謝しています。Moneyを容れるものは、常に

良好にしていたいものです。有難う。(安城市 I様)