革のジャケットの破れ修理

こんばんは。

革研究所 大津店です。

 

今日はあいにくの雨でした。

革製品は水にぬれるとシミになったり、

そのままにしておくとカビが出たりします。

もし、雨にぬれた場合は乾いた布で水分を十分拭き取って、

風通しの良い場所で乾燥させてから保管してください。

 

今回ご紹介させて頂きますのは、革のジャケットの袖口破れの部分修理です。

ボタンを引っかけたそうでパックリとボタンごと裂けてしまっていましたので

裏から薄く柔らかい革で補強してから、表面の裂け目を修理しました。

 

 Before 

0025_20150330_b01

0025_20150330_b02

0025_20150330_b03

After 

0025_20150330_a01

0025_20150330_a02

0025_20150330_a03

 

部分修理・部分縫製から全体の修理まで、革の修理のことなら

お気軽にご相談ください。