オーストリッチ ハンドバッグ 染め直し施工

みなさんこんにちわ!!

革研究所 神戸店です!!

昼間は暖かく過ごしやすい季節ですが、朝、晩と少しずつですが

冬が顔を出してきて、食卓に並ぶ食材も夏と比べてとガラリ変わり、四季を感

じる季節ですね^^

夏は日本中どこも異常な猛暑が連日続きましたが、この季節に入ると、少し

だけ、夏が懐かしく思います!あんな暑い夏は嫌ですが・・・><

話を施工の話に戻しましょう!!

今回はオーストリッチのハンドバッグです★

オーストリッチとはダチョウの革の呼び名で、特徴は、クィルマークと呼ばれ

る羽毛を抜いた後にできる丸いボコボコした突起の部分が特徴な革なんで

す!!

みなさん、1度は見た事あると思います。使えば艶が出て味が出る革なんですよ。

それでは施工を開始していきましょう!!!

【Before/After】

DSCN3117 DSCN3882

DSCN3120DSCN3121

DSCN3123DSCN3886

DSCN3127DSCN3892

DSCN3124DSCN3890

施工完了です!!

今回の施工は染め直し施工だったんですが、

元の色が紫だったんですね、それが薄いピンクと紫の間の色に色褪せ、

バッグの角、持ち手、ジッパーの近くがスレ、キズがありました、

このバッグはたくさん持たれて大切な鞄の1つだったのでしょう★

施工後は紫色も戻り、四つ角、持ち手、キズ部分も目立たないぐらいまで仕上

げる事が出来ました。

オーストリッチは実は職人泣かせなんですね><

このボコボコした部分を残す施工をしますとものすごく大変な作業でしたが、

綺麗に仕上がり、お客様も喜んで頂けると大変な作業も大変な作業じゃ

んくなるんですね!!

みなさんも、家にある、大切な鞄、汚れ、ダメージで使いにくい鞄、革の

事なら革研究所までご相談下さい!!!

お待ちしております!!