ボッテガヴェネタ ブリーフケース スレキズ 修理

こんにちは。

革研究所神戸店です。

 

本日はボッテガヴェネタのブリーフケースのご紹介です。

それでは早速before/afterのお写真をご覧ください。

【before/after】

DSCN0667DSCN1723

DSCN0668DSCN1724

DSCN0669DSCN1725

DSCN0675DSCN1730

 

今回は早々にお写真をご覧頂きましたが、いかがでしょうか?

イントレチャートと呼ばれる編込みが特徴で、このイントレチャートは大量に荷物を入れても型崩れしにくいという特性があります。

ボッテガヴェネタと言えばイントレチャート!イントレチャートと言えばボッテガヴェネタ!というほど、ブランドの代表的なデザインになっています。

 

本日ご紹介しておりますブリーフケースは、長年ご愛用されてきたようで、持ち手の劣化が大変進行しています。

お写真のように劣化が革の内部まで達し重度になりますと、どうしても仕上がりに影響してしまします。

今回はお客様の要望で、塗料を使用しての傷補修で出来るだけ目立たないように施工をさせて頂きました。

 

ご愛用の革製品を長く気持ちよくお使い頂くコツは、いかに表皮の塗膜を長持ちさせるかにあります。

革研究所では染め直しの他にも、コーティングなど様々なプランをご用意しております。

お手入れなどのご相談も承っております。

革製品のご相談は是非革研究所へ!!!!