ケリー タイプ バック オーストリッチ ブルー 色あせ

こんにちは。

革研究所神戸店でございます。

 

5月も終盤、日が長くなり、日照りも一段と増してきている今日この頃

いかがお過ごしでしょうか?熱中症には十分お気を付け下さい。

 

本日は、ケリーの型に似たブルーのオーストリッチバックの色あせ修理をご紹介します。

 

<写真 before / after>

DSC08048DSC08817DSC08049DSC08818DSC08055DSC08824DSC08054DSC08823

 

革に限らず退色は必ず進んでしまうものです。

スーパーや居酒屋で、色あせた紙媒体の広告をご覧になられた事があるかと思います。

 

バックにも同じ事が言えます。

更にはバックは外で持ち歩き、直射日光に晒され続けますので、より一層色あせが早くなります。

いかがでしょうか?

色あせの次の段階は、乾燥による劣化です。

劣化段階になると修理(リペア)の仕上り具合の質が下がってしまいます。

また新品時のコーティング(補助膜の塗布)を行えば、傷み防止につながり、長い間ご愛用できると思います。

 

施工は早期が望ましいので、お問合わせはお早目に!

お気軽にご一報ください。

 

 

革製品のスレ傷補修や染め直しは革研究所まで!!
革製品修理・染め直し専門店 革研究所・神戸店
TEL : 078-786-3446 FAX : 078-786-3447
MAIL:info-kobe@kawa-kenkyujyo.net
URL:http://fc-kawa-kenkyujyo.net/kobe