コーチ バック 四隅 角々(パイピング) 修理

こんにちは。

革研究所福岡店です。

 

今回のご紹介は、コーチバック底の四隅の擦れ補修です。

一般的に角々がパイピングを施されているタイプのバックです。

箇所的に傷や擦れができやすく、ご依頼が多い施工例の一つです。

 

<写真 before / after>

IMG_0293IMG_0313この箇所は、どうしても写真のような擦れや傷、進行すれば穴ができてしまう傾向にあります。

 

この隅々のパイピングは、中に硬い素材が通されているので、穴が開いてしまうと跡が残ってしまいますが、

今回の施工依頼は特に初期のこすれ傷レベルだった為、低価格高品質で修理・補修できました。

 

この箇所の破損でお困りの方、早めの修理が予算、質に影響しますので、早めが肝心です。

お気軽にお問合わせください。

 

 

 

革製品のスレ傷補修や染め直しは革研究所まで!!
革製品修理・染め直し専門店 革研究所・福岡店
TEL : 092-586-5082 FAX : 092-586-5083
MAIL:info-fukuoka@kawa-kenkyujyo.net
URL:http://fc-kawa-kenkyujyo.net/fukuoka